TOP ブログ 地球外生命体ネタに釣られて

地球外生命体ネタに釣られて

こんにちは。企画推進課のT.Mです。

NASAは先月、「地球外生命体のいる可能性がさらに高まった」と発表。 そんなニュースを発見し、宇宙に触れたいと水道橋の東京ドームシティーにあるTenQへ。

なんといってもここの最大の魅力は迫力のある映像!プロジェクションマッピングでお出迎えされ、ワクワクが高まる!
次に通された部屋は直径11mの大きな穴が開いたような4Kシアター「シアター宙(そら)」。
のぞき込むスタイルで立ったまま鑑賞。プログラムは#1と#2があり時間による選択制
宇宙空間を漂っているような、浮遊感も体感できて、久しぶりに映像で大興奮。
もしかしたらプログラム#2の方がほほほ~ぉと感じるのかも。(両方良かったですが)

小学校高学年であれば、映像だけで無くその後の展示関連もじっくり楽しめるはず。
東大研究分室も併設されており、より身近に研究プロセスを感じられるので、ますます宇宙好きの子供は夢がムクムクと膨らむこと間違いなし。また、大人同士でも楽しめる内容と企画展示となっています。

いま話題の木星の衛星「エウロパ」土星の衛星「エンセラダス」本当に生命体はいるのだろうか。。。この展示を見て答えは出なかったけれど、気が大きくなったような、帰りの電車での高揚感は久しぶりでした。

仕事でも、お客さんをワクワクさせることは大事。だいたいワクワクさせられない企画はボツりますからね。

しかし、「謎」があるととても興味がわく。人間の基本欲求なのかもしれない「知りたい」という気持ち。
もしかしたら、企業も少し謎めいていた方が良いのかもしれない・・・。

2017.5.29

このページのトップへ